itemstoreitemstore

利用する

チュートリアル

Inspectorの設定

AppCオブジェクトのInspectorに必要な情報を設定します。


Media Key(必須)

itemstore上で作成したAndroidストアまたはiOSストアのメディアキーを設定します。


On API(必須)

Item Sotre API
 itemstoreのアプリ課金機能を利用する場合はチェックします。
Push API
 プッシュ通知機能を利用する場合はチェックします。
Data Store API
 データストア機能を利用する場合はチェックします。


Send CallBack Target(任意)

Pluginの初期化が完了したタイミングを検知したい場合は、初期化完了のコールバックを受け取りたいオブジェクトをここに設定します。コールバックを受け取るには、設定したオブジェクトにアタッチするスクリプト内で次のメソッドを実装してください。



public void FinishedSetupAppC (bool b)
パラメーター
 b  初期化完了の成功/失敗

itemstoreビューを閉じた際を検知したい場合は、AppCオブジェクトのSend CallBack Targetに設定したオブジェクトにアタッチされるスクリプト内で次のメソッドを実装してください。



public void ClosedItemstoreView()

プッシュ配信に設定したカスタムパラメータを取得したい場合は、AppCオブジェクトのSend CallBack Targetに設定したオブジェクトにアタッチされるスクリプト内で次のメソッドを実装してください。



public void PushParameter (string str)
パラメーター
 str プッシュ配信で設定した配信テキスト(カスタムパラメータ)

ユーザーデータのリセットが完了した際を検知したい場合は、AppCオブジェクトのSend CallBack Targetに設定したオブジェクトにアタッチされるスクリプト内で次のメソッドを実装してください。



public void RecoverReset()

引き継ぎが完了した際を検知したい場合は、AppCオブジェクトのSend CallBack Targetに設定したオブジェクトにアタッチされるスクリプト内で次のメソッドを実装してください。



public void RecoverRestored()

今すぐ利用してみる

※新規登録後はトライアルです。プレミアムのご利用は管理画面からお申込みください。
※プレミアムプランを初めてご利用の方のみ初月無料となります。