itemstoreitemstore

利用する

チュートリアル

プッシュ通知機能

サンプルコード

C#コード


// appC SDK初期化完了のコールバックを受け取る
/*
 * Callback Target Objectを設定している場合は、
 * 設定したGameObjectにアタッチしているスクリプトファイルに以下を記述することで
 * 初期化完了のコールバックを受け取ることができます
 */
public void FinishedSetupAppC (bool b)
{
    Debug.Log ("AppC Initialize " + (b ? "Succeed!" : "Failure..."));
}

// プッシュ通知の配信テキスト(カスタムパラメータ)を受け取る
/*
 * Callback Target Objectを設定している場合は、
 * 設定したGameObjectにアタッチしているスクリプトファイルに以下を記述することで
 * プッシュ配信で設定した配信テキスト(カスタムパラメータ)を取得することができます
 */
public void PushParameter (string str)
{
    Debug.Log ("PushParameter:" + str);
}

// 初期化失敗後のリトライ等でSDKを初期化したい際にInit()を呼び出してください。
AppC.Init();

// Androidでアプリ終了の機能を実装している場合はPluginDestroyを呼び出してください(Androidのみ)
AppC.PluginDestroy ();

// お問合せキーを取得する
string inquiryKey = AppC.GetInquiryKey ();

AndroidManifest.xmlの設定(Android)

Androidアプリを生成する場合は、Plugins/Android/AndroidManifest.xml内の[パッケージ名]を適宜設定してください。
以下AndroidManifest.xmlの雛形です。必要に応じてご使用ください。


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    package="[パッケージ名]"
    android:installLocation="preferExternal"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0">

    <supports-screens
        android:smallScreens="true"
        android:normalScreens="true"
        android:largeScreens="true"
        android:xlargeScreens="true"
        android:anyDensity="true"/>

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="16"
        android:targetSdkVersion="26" />

    <!-- require AppC -->
    <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@drawable/app_icon"
        android:label="@string/app_name">
        <activity
            android:label="@string/app_name" 
            android:screenOrientation="portrait" 
            android:launchMode="singleTask" 
            android:configChanges="mcc|mnc|locale|touchscreen|keyboard|keyboardHidden|navigation|orientation|screenLayout|uiMode|screenSize|smallestScreenSize|fontScale" 
            android:name="com.unity3d.player.UnityPlayerNativeActivity">
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />
                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>

        <!-- require Push Start -->
        <service android:name="net.app_c.sdk.fcm.InstanceIdService">
            <intent-filter>
                <action android:name="com.google.firebase.INSTANCE_ID_EVENT" />
            </intent-filter>
        </service>
        <service android:name="net.app_c.sdk.fcm.FcmListenerService">
            <intent-filter>
                <action android:name="com.google.firebase.MESSAGING_EVENT" />
            </intent-filter>
        </service>

        <meta-data
            android:name="com.google.firebase.messaging.default_notification_icon"
            android:resource="@drawable/app_icon" />

        <!-- プッシュ通知アイコンの色を変更する場合は以下を設定してください
        <meta-data android:name="com.google.firebase.messaging.default_notification_color"
            android:resource="@color/colorPrimary" />
         -->
        <!-- require Push End -->

    </application>
</manifest>

Firebase Unity SDKのインポート(Android)

Androidアプリでプッシュ通知機能を利用する場合はFirebase Unity SDKをUnityプロジェクトにインポートします。


Firebaseのドキュメントの『アプリに Firebase Unity SDK を追加する』に従ってSDKをダウンロードし、FirebaseMessaging.unitypackageをUnityプロジェクトにインポートしてください。


FirebaseMessaging.unitypackageインポート時の注意点

iOSアプリのみでプッシュ通知機能を使用する場合はFirebaseMessaging.unitypackageのインポートは不要です。
AndroidアプリとiOSアプリの両方でプッシュ通知機能を使用する場合はFirebaseMessaging.unitypackageインポート時に以下ファイルのチェックを外し、インポート対象に含めないようにしてください。
・Firebase -> Plugins -> iOS フォルダ以下すべて
・Plugins -> iOS フォルダ以下すべて


既にitemstoreのSDKがインポート済みの場合、FirebaseMessaging.unitypackageをインポートする際に Plugins -> Android -> AndroidManifest.xml のチェックを外してください。チェックを外さずにインポートを行いますと対象のAndroidManifest.xmlが上書き更新されますので、本チュートリアルページで上述してある『AndroidManifest.xmlの設定』より内容をコピーし、Plugins -> Android -> AndroidManifest.xml を置き換えてください。


また、加えて以下の箇所を編集してください。


(編集前)

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="[パッケージ名]"
    android:installLocation="preferExternal"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0">

〜

↓

(編集後: xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools" を追加してください)

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    package="[パッケージ名]"
    android:installLocation="preferExternal"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0">
    
〜

google-services.jsonファイルの設置(Android)

Firebase Consoleよりgoogle-services.jsonファイルをダウンロードし、Assetsフォルダ内の任意の場所に設置してください。
Firebase Consoleでの各種設定に関しては[デベロッパーサイトでの設定] -> [Android] -> [プッシュ通知に必要な設定] -> [Firebase Consoleの設定]をご覧ください。


今すぐ利用してみる

※新規登録後はトライアルです。プレミアムのご利用は管理画面からお申込みください。
※プレミアムプランを初めてご利用の方のみ初月無料となります。