itemstoreitemstore

利用する

チュートリアル

データストア機能

サンプルコード

C#コード


// appC SDK初期化完了のコールバックを受け取る
/*
 * Callback Target Objectを設定している場合は、
 * 設定したGameObjectにアタッチしているスクリプトファイルに以下を記述することで
 * 初期化完了のコールバックを受け取ることができます
 */
public void FinishedSetupAppC (bool b)
{
    Debug.Log ("AppC Initialize " + (b ? "Succeed!" : "Failure..."));
}

// Androidでアプリ終了の機能を実装している場合はPluginDestroyを呼び出してください。(Androidのみ)
AppC.PluginDestroy ();

// お問合せキーを取得する
string inquiryKey = AppC.GetInquiryKey ();


// データストアメソッド
// データを文字列として、500文字まで保存することができます。

// データを取得する
// 第一引数に、取得したいデータのKeyを設定してください
string value = AppC.Datastore.GetDataStore("key");

// データを保存する
// 第一引数に、保存するデータのKeyを設定してください
// 第二引数に、保存するデータを文字列で設定してください
AppC.Datastore.PutDataStore ("key", "保存したい文字列");

AndroidManifest.xmlの設定

Androidアプリを生成する場合は、Plugins/Android/AndroidManifest.xml内の[パッケージ名]を適宜設定してください。
以下AndroidManifest.xmlの雛形です。必要に応じてご使用ください。


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="[パッケージ名]"
    android:installLocation="preferExternal"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0">

    <supports-screens
        android:smallScreens="true"
        android:normalScreens="true"
        android:largeScreens="true"
        android:xlargeScreens="true"
        android:anyDensity="true"/>

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="14"
        android:targetSdkVersion="21" />

    <!-- require AppC -->
    <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@drawable/app_icon"
        android:label="@string/app_name">
        <activity
            android:label="@string/app_name" 
            android:screenOrientation="portrait" 
            android:launchMode="singleTask" 
            android:configChanges="mcc|mnc|locale|touchscreen|keyboard|keyboardHidden|navigation|orientation|screenLayout|uiMode|screenSize|smallestScreenSize|fontScale" 
            android:name="com.unity3d.player.UnityPlayerNativeActivity">
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />
                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>

    </application>
</manifest>

今すぐ利用してみる

※新規登録後はトライアルです。プレミアムのご利用は管理画面からお申込みください。
※プレミアムプランを初めてご利用の方のみ初月無料となります。