itemstoreitemstore

利用する

チュートリアル

プッシュ通知機能

サンプルコード

Objective-C

AppDelegate.h ファイル


#import "AppCSDK.h"

@interface AppDelegate : UIResponder <UIApplicationDelegate, AppCSDKDelegate>

・・・

@end

AppDelegate.m ファイル


- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {
    
    ・・・
    
    // AppCSDKのデリゲートを設定
    [AppCSDK setDelegate:self];

    // AppCSDK開始
    // [itemstore管理画面]よりメディアキーを取得し、設定します。
    // 使用する機能をoptionに設定します。
    [AppCSDK setupAppCWithMediaKey:MEDIA_KEY option:APPC_SDK_PUSH launchOptions:launchOptions];
    
    ・・・
    
    return YES;
}

・・・

// AppCSDKの初期化完了時に呼ばれるメソッド
- (void)finishedSetupAppC:(BOOL)succeed {
    // 初期化完了後に実行したい処理を記述してください。

    // プッシュ通知で起動した場合にプッシュ配信で設定した配信テキスト(カスタムパラメータ)を取得することができます。
    // 例)NSLog(@"finishedSetupAppC:%@", [AppCSDK pushNotificationGetCustomParameter]);
}

・・・

/**
 * AppDelegate.m に次の3つの処理を追加してください。
 * 既にメソッドが存在する場合は、メソッド内の処理のみを追加してください。
 */
- (void)application:(UIApplication *)app didRegisterForRemoteNotificationsWithDeviceToken:(NSData *) devToken
{
    [AppCSDK pushNotificationDidRegisterWithDeviceToken:devToken];
}


- (void)application:(UIApplication *)app didFailToRegisterForRemoteNotificationsWithError:(NSError *) err
{
    [AppCSDK pushNotificationDidFailWithError:err];
}


- (void)application:(UIApplication *)application didReceiveRemoteNotification:(NSDictionary *)userInfo
{
    [AppCSDK pushNotificationDidReceive:userInfo appStat:application.applicationState];

    // プッシュ通知で起動した場合にプッシュ配信で設定した配信テキスト(カスタムパラメータ)を取得することができます。
    // 例)NSLog(@"didReceiveRemoteNotification:%@", [AppCSDK pushNotificationGetCustomParameter]);
}

・・・

// プッシュ通知メソッド

// 配信テキスト(カスタムパラメータ)を取得
NSString* customParameter = [AppCSDK pushNotificationGetCustomParameter];

// お問合せキーを取得する
NSString* inquiryKey = [AppCSDK inquiryKey];


Swift

AppDelegate.swift ファイル


class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate, AppCSDKDelegate {
    
    ・・・

    func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplicationLaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
        
        ・・・
        
        // AppCSDKのデリゲートを設定
        AppCSDK.setDelegate(self)
        
        // AppCSDK開始
        // [itemstore管理画面]よりメディアキーを取得し、設定します。
        // 使用する機能をoptionに設定します。
        let mediaKey = "xxxxxxxx"
        AppCSDK.setupAppC(withMediaKey: mediaKey, option:UInt(APPC_SDK_PUSH), launchOptions: launchOptions)

        ・・・

        return true
    }

    ・・・

    // AppCSDKの初期化完了時に呼ばれるメソッド
    func finishedSetupAppC(_ succeed: Bool) {
        // 初期化完了後に実行したい処理を記述してください。

        // プッシュ通知で起動した場合にプッシュ配信で設定した配信テキスト(カスタムパラメータ)を取得することができます。
        // 例)print("finishedSetupAppC:" + AppCSDK.pushNotificationGetCustomParameter())
    }

    ・・・

    /**
     * AppDelegate.swift に次の3つの処理を追加してください。
     * 既にメソッドが存在する場合は、メソッド内の処理のみを追加してください。
     */
    func application(_ app: UIApplication, didRegisterForRemoteNotificationsWithDeviceToken devToken: Data) {
        AppCSDK.pushNotificationDidRegister(withDeviceToken: devToken)
    }
    
    func application(_ app: UIApplication, didFailToRegisterForRemoteNotificationsWithError err: Error) {
        AppCSDK.pushNotificationDidFailWithError(err)
    }
    
    func application(_ application: UIApplication, didReceiveRemoteNotification userInfo: [AnyHashable: Any]) {
        AppCSDK.pushNotificationDidReceive(userInfo, appStat: application.applicationState)
        
        // プッシュ通知で起動した場合にプッシュ配信で設定した配信テキスト(カスタムパラメータ)を取得することができます。
        // 例)print("didReceiveRemoteNotification:" + AppCSDK.pushNotificationGetCustomParameter())
    }

    ・・・

    // プッシュ通知メソッド

    // 配信テキスト(カスタムパラメータ)を取得
    let customParameter = AppCSDK.pushNotificationGetCustomParameter()

    // お問合せキーを取得する
    let inquiryKey = AppCSDK.inquiryKey()

今すぐ利用してみる

※新規登録後はトライアルです。プレミアムのご利用は管理画面からお申込みください。
※プレミアムプランを初めてご利用の方のみ初月無料となります。