itemstoreitemstore

利用する

チュートリアル

itemstore課金機能

サンプルコード

Objective-C

AppDelegate.h ファイル


#import "AppCSDK.h"

@interface AppDelegate : UIResponder <UIApplicationDelegate, AppCSDKDelegate>

・・・

@end

AppDelegate.m ファイル


- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {
    
    ・・・
    
    // AppCSDKのデリゲートを設定
    [AppCSDK setDelegate:self];

    // AppCSDK開始
    // [itemstore管理画面]よりメディアキーを取得し、設定します。
    // 使用する機能をoptionに設定します。
    [AppCSDK setupAppCWithMediaKey:MEDIA_KEY option:APPC_SDK_ITEMSTORE];
    
    ・・・
    
    return YES;
}

・・・

// AppCSDKの初期化完了時に呼ばれるメソッド
- (void)finishedSetupAppC:(BOOL)succeed {
    // 初期化完了後に実行したい処理を記述してください。
}

・・・

// 購入完了時の処理
- (void)inAppPurchased:(AppCSDKInAppPurchaseProduct *)productIdentifier {
    // 課金アイテムの購入が完了した際に実行したい処理を記述してください。
}

// 購入失敗時またはキャンセル時の処理
- (void)inAppPurchaseFailed:(AppCSDKInAppPurchaseProduct *)productIdentifier error:(NSError *)error {
    // 課金アイテムの購入が失敗またはキャンセルした際に実行したい処理を記述してください。
}

・・・

ViewController.m ファイル

   
// itemstoreメソッド
 
// アイテムの数を取得する(グループIDを引数で指定)
int count = [AppCSDK itemStoreGetCountWithKey:@"potion"];

// アイテムを1つ増加(グループIDを第一引数で指定、第二引数に増減させる値を指定)
[AppCSDK itemStoreAddCountWithKey:@"potion" reduce:1];

// アイテムの数を強制的に設定(グループIDを第一引数で指定、第二引数に設定する値を指定)
[AppCSDK itemStoreSetCountWithKey:@"potion" count:100];

// なんらかのボタンをタップしたときに呼ばれるメソッド
- (IBAction)pushedItemList:(id)sender {
    // itemstoreビューを表示する
    [AppCSDK itemStoreShowList];
}

/**
 グループIDを受け取り、グループ名を取得して返す
 */
- (NSString *)getGroupNameWithGroupID:(NSString *)groupID {
    NSArray *items = [AppCSDK itemStoreGetAllData];
    
    for (NSDictionary *item in items) {
        if ([groupID isEqualToString:[item objectForKey:@"category_key"]]) {
            return [NSString stringWithFormat:@"%@", [item objectForKey:@"category_name"]];
        }
    }
    
    return @"";
}

// お問合せキーを取得する
NSString* inquiryKey = [AppCSDK inquiryKey];


Swift

AppDelegate.swift ファイル


class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate, AppCSDKDelegate {
	
	・・・

	func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplicationLaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
        
        ・・・
        
        // AppCSDKのデリゲートを設定
        AppCSDK.setDelegate(self)
        
        // AppCSDK開始
    	// [itemstore管理画面]よりメディアキーを取得し、設定します。
    	// 使用する機能をoptionに設定します。
    	let mediaKey = "xxxxxxxx"
        AppCSDK.setupAppC(withMediaKey: mediaKey, option:UInt(APPC_SDK_ITEMSTORE))
        
        ・・・

        return true
    }

    ・・・

    // AppCSDKの初期化完了時に呼ばれるメソッド
    func finishedSetupAppC(_ succeed: Bool) {
        // 初期化完了後に実行したい処理を記述してください。
    }

    ・・・

    // 購入完了時の処理
    func inAppPurchased(_ productIdentifier: AppCSDKInAppPurchaseProduct) {
        // 課金アイテムの購入が完了した際に実行したい処理を記述してください。
    }
    
    // 購入失敗時またはキャンセル時の処理
    func inAppPurchaseFailed(_ productIdentifier: AppCSDKInAppPurchaseProduct, error: Error) {
        // 課金アイテムの購入が失敗またはキャンセルした際に実行したい処理を記述してください。
    }

    ・・・

ViewController.swift ファイル


// itemstoreメソッド

// アイテムの数を取得する(グループIDを引数で指定)
var count = AppCSDK.itemStoreGetCount(withKey: "potion")

// アイテムを1つ増加(グループIDを引数で指定 第二引数に増減させる値を指定)
AppCSDK.itemStoreAddCount(withKey: "potion", reduce: 1)

// アイテムの数を強制的に設定(グループIDを第一引数で指定、第二引数に設定する値を指定)
AppCSDK.itemStoreSetCount(withKey"potion", count: 100)

// なんらかのボタンをタップしたときに呼ばれるメソッド
@IBAction func pushedItemList(_ sender: AnyObject) {
    // itemstoreビューを表示する
    AppCSDK.itemStoreShowList()
}

/**
 グループIDを受け取り、グループ名を取得して返す
 */
func getGroupNameWithGroupID(_ groupID: String) -> String {
    let items = AppCSDK.itemStoreGetAllData() as [AnyObject]
        
    for item in items {
        if item["category_key"] as! String == groupID {
            return item["category_name"] as! String
        }
    }
    
    return ""
}

// お問合せキーを取得する
let inquiryKey = AppCSDK.inquiryKey()

今すぐ利用してみる

※新規登録後はトライアルです。プレミアムのご利用は管理画面からお申込みください。
※プレミアムプランを初めてご利用の方のみ初月無料となります。