itemstoreitemstore

利用する

チュートリアル

AppDelegateの設定

Objective-C

AppDelegateクラスのプロトコルにAppCSDKDelegateを設定します。


AppDelegate.h ファイル


#import "AppCSDK.h"

@interface AppDelegate : UIResponder <UIApplicationDelegate, AppCSDKDelegate>

・・・

@end

AppDelegate.m ファイル


- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {
    
    ・・・
    
    // AppCSDKのデリゲートを設定
    [AppCSDK setDelegate:self];
    
    ・・・
    
    return YES;
}

Swift

プロジェクトに [プロジェクト名]-Bridging-Header.h ファイルを作成し、AppCSDK.hをインポートします。


[プロジェクト名]-Bridging-Header.h ファイル


#import "AppCSDK.h"

[Build Settings] -> [Swift Compiler - Code Ganeration] -> [Objective-C Bridging Header] をダブルクリックし、作成したヘッダーファイルのパスを追加してください。
※ヘッダーファイルがプロジェクト直下に存在する場合は [プロジェクト名]-Bridging-Header.h を追加してください。


AppDelegate.swift ファイル


class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate, AppCSDKDelegate {
	
	・・・

	func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplicationLaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
        
        ・・・
        
        // AppCSDKのデリゲートを設定
        AppCSDK.setDelegate(self)
        
        ・・・

        return true
    }

今すぐ利用してみる

※プレミアムのお申込みには、まずトライアルのお申込みが必要です。
※プレミアムを初めてご利用の方のみ初月無料となります。