itemstoreitemstore

利用する

チュートリアル

データストア機能

サンプルコード

Objective-C

AppDelegate.h ファイル


#import "AppCSDK.h"

@interface AppDelegate : UIResponder <UIApplicationDelegate, AppCSDKDelegate>

・・・

@end

AppDelegate.m ファイル


- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {
    
    ・・・
    
    // AppCSDKのデリゲートを設定
    [AppCSDK setDelegate:self];

    // AppCSDK開始
    // [itemstore管理画面]よりメディアキーを取得し、設定します。
    // 使用する機能をoptionに設定します。
    [AppCSDK setupAppCWithMediaKey:MEDIA_KEY option:APPC_SDK_DATASTORE];
    // itemstore課金機能を使用する場合はデータストア機能も含まれますので以下の記述でも動作いたします。
    // [AppCSDK setupAppCWithMediaKey:MEDIA_KEY option:APPC_SDK_ITEMSTORE];
    // [AppCSDK setupAppCWithMediaKey:MEDIA_KEY option:APPC_SDK_ITEMSTORE | APPC_SDK_DATASTORE];
    
    ・・・
    
    return YES;
}

・・・

// AppCSDKの初期化完了時に呼ばれるメソッド
- (void)finishedSetupAppC:(BOOL)succeed {
    // 初期化完了後に実行したい処理を記述してください。
}

・・・

ViewController.m ファイル

   
// データストアメソッド

// データを文字列として、500文字まで保存することができます。

// データを取得する
NSString* myData = [AppCSDK getDataStore:@"key"];

// データを保存する
[AppCSDK putDataStore:@"key" value:@"保存したい文字列"];

// お問合せキーを取得する
NSString* inquiryKey = [AppCSDK inquiryKey];


Swift

AppDelegate.swift ファイル


class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate, AppCSDKDelegate {
	
	・・・

	func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplicationLaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
        
        ・・・
        
        // AppCSDKのデリゲートを設定
        AppCSDK.setDelegate(self)
        
        // AppCSDK開始
    	// [itemstore管理画面]よりメディアキーを取得し、設定します。
    	// 使用する機能をoptionに設定します。
    	let mediaKey = "xxxxxxxx"
        AppCSDK.setupAppC(withMediaKey: mediaKey, option:UInt(APPC_SDK_DATASTORE))
        // itemstore課金機能を使用する場合はデータストア機能も含まれますので以下の記述でも動作いたします。
        // AppCSDK.setupAppC(withMediaKey: mediaKey, option:UInt(APPC_SDK_ITEMSTORE))
        // AppCSDK.setupAppC(withMediaKey: mediaKey, option:UInt(APPC_SDK_ITEMSTORE | APPC_SDK_DATASTORE))
        
        ・・・

        return true
    }

    ・・・

    // AppCSDKの初期化完了時に呼ばれるメソッド
    func finishedSetupAppC(_ succeed: Bool) {
        // 初期化完了後に実行したい処理を記述してください。
    }

    ・・・

ViewController.swift ファイル


// データストアメソッド

// データを文字列として、500文字まで保存することができます。

// データを取得する
let myData = AppCSDK.getDataStore("key")

// データを保存する
AppCSDK.putDataStore("key", value: "保存したい文字列")

// お問合せキーを取得する
let inquiryKey = AppCSDK.inquiryKey()

今すぐ利用してみる

※新規登録後はトライアルです。プレミアムのご利用は管理画面からお申込みください。
※プレミアムプランを初めてご利用の方のみ初月無料となります。