itemstoreitemstore

利用する

チュートリアル

プッシュ通知機能に必要な設定

Apple Developerの設定

iOSアプリでプッシュ通知を送るためには、Apple DeveloperでApp IDを作成し、.pemファイルを生成して[itemstore管理画面]に設定する必要があります。
以下の手順で設定を行ってください。


アプリを登録

Apple Developer メンバーセンターの[Certificates, IDs & Profiles]画面で[Identifiers] -> [App IDs]を選び、画面右上の「+」ボタンをクリックします。
[Registering an App ID]画面で「App ID Description」「App ID Prefix」「App ID Suffix」を任意に入力し、「App Services」の「Push Notifications」にチェックを入れて「Continue」ボタンをクリックします。


証明書要求の作成

Macのアプリケーション「キーチェーンアクセス」を起動し、メニューから[証明書アシスタント] -> [認証局に証明書を要求]を選択します。


ユーザのメールアドレス: Apple Developerのアカウントメールアドレス
通称: 任意
CAのメールアドレス: ※何も入力しない
要求処理: ディスクに保存
上記を入力して、任意の場所に証明書要求を作成します。
※ファイル名はデフォルトの「CertificateSigningRequest.certSigningRequest」のままで構いません。


証明書の取得

Apple Developerの[Certificates, IDs & Profiles]画面で[Identifiers] -> [App IDs]にて登録したアプリを選び、「Edit」ボタンをクリックします。


「Push Notifications」の「Create Certificate」ボタンをクリックします。
※開発環境でプッシュ通知のテストを行う場合 → 『Development SSL Certificate』を取得します。
※AdHocまたはリリース用の場合 → 『Production SSL Certificate』を取得します。


[About Creating a Certificate Signing Request (CSR)]画面で「Continue」ボタンをクリックし、[Generate your certificate.]画面の「Upload CSR file.」にて作成した証明書要求(.certSigningRequestファイル)を選択し、「Continue」ボタンをクリックします。


[Your certificate is ready.]画面の「Download」ボタンをクリックして証明書をダウンロードします。


証明書を.p12ファイルに書き出し

ダウンロードした証明書をダブルクリックして、キーチェーンアクセスに登録します。
キーチェーンアクセスにて[分類]の[証明書]に登録した証明書が表示されるので、登録した証明書を右クリックし、書き出しを選びます。


名前は半角英数字で任意に設定し、フォーマットに「個人情報交換(.p12)」を選び、「保存」ボタンをクリックします。


証明書のパスワード入力画面では何も入力せずにそのまま「OK」ボタンをクリックして進みます。
次に表示されるダイアログではキーチェーンにアクセスするパスワード(通常、MACのログインパスワードだと思います)を入力し、「許可」をクリックしますと.p12ファイルが保存されます。


.p12ファイルを.pemファイルに変換

Macのアプリケーション「ターミナル」を起動し、以下のコマンドを入力します。
openssl pkcs12 -in (.p12保存場所)/(.p12ファイル名).p12 -out (.pemファイル名).pem -nodes -clcerts


「Enter Import Password:」は何も入力せずにEnterを押します。(証明書のパスワードを設定した場合は、そのパスワードを入力します)
成功すると「MAC verified OK」と表示され、カレントディレクトリに.pemファイルが作成されます。


.pemファイルをアップロード

itemstoreの[ストア管理] -> [iOSストア設定]画面にて、作成した.pemファイルをアップロードします。
※Development SSL Certificateの.pemファイル(開発用) → 『Development Certificate』にアップロード。
※Production SSL Certificateの.pemファイル(公開用) → 『Production Certificate』にアップロード。


Provisioning Profileの作成

証明書を作成したアプリのProvisioning Profileを、通常のアプリと同じ手順で作成し、Xcodeに登録してください。
※開発環境でプッシュ通知のテストを行う場合 → 『Development』を作成します。
※AdHocまたはリリース用の場合 → 『Distribution』を作成します。


今すぐ利用してみる

※プレミアムのお申込みには、まずトライアルのお申込みが必要です。
※プレミアムを初めてご利用の方のみ初月無料となります。