itemstoreitemstore

利用する

チュートリアル

用語集

アイテムID

itemstoreで販売するアイテムを管理するIDです。
Google Play Developer Consoleのアイテム ID、またはiTunes Connectの製品IDと同じIDを指します。


お問合せキー

アプリ側で呼び出すitemstoreビューの最下部に表示されている10桁の数字です。アプリユーザー毎にユニークなキーが発行されます。
データ管理画面にて、お問合せキーを用いて特定のユーザーを検索することが可能ですので、ユーザーサポートの際にご利用ください。


カスタムパラメータ

プッシュ通知の配信テキストに設定することで、アプリ側でプッシュ通知を受け取った際に文字列を取得することができます。


管理対象のアイテム

Google Play Developer Consoleで設定できるアイテムタイプです。
itemstoreで消費型もしくは非消費型のアイテムを扱う際にこちらのアイテムタイプを指定し、アイテムを登録してください。


グループID

itemstoreで販売するアイテムのグループを管理するIDです。
アプリ内で所持数を取得したり、加算したりする際にこのIDを指定します。


グループ名

itemstoreで販売するアイテムのグループ名称です。
アプリ内でグループ名を取得することができます。


サーバーキー

Androidアプリにプッシュ通知を送る場合に使用します。
Firebase Consoleで発行することができますが、詳しくはチュートリアルの
[デベロッパーサイトでの設定] -> [Android] -> [プッシュ通知に必要な設定] -> [Firebase Consoleの設定]をご覧ください。


消費型

itemstoreで販売するアイテムの消費タイプです。
回復薬や仮想通貨等の、所持数が増減するアイテムはこちらの消費タイプをお選びください。
Google Play Developer Consoleでは「管理対象のアイテム」、iTunes Connectでは「消耗型アイテム」が該当します。


消耗型アイテム

iTunes Connectで設定できるアイテムタイプです。
itemstoreで消費型のアイテムを扱う際にこちらのアイテムタイプを指定し、アイテムを登録してください。


ストア

itemstoreでは、アプリに導入するアプリ内課金システムを指します。
トライアルのプランではストアに機能制限があります。


送信者ID

Androidアプリにプッシュ通知を送る場合に使用します。
Firebase Consoleで発行することができますが、詳しくはチュートリアルの
[デベロッパーサイトでの設定] -> [Android] -> [プッシュ通知に必要な設定] -> [Firebase Consoleの設定]をご覧ください。


トライアル

itemstoreの機能を無料でお試しいただけるプランです。
このプランでは機能制限のあるストアのみご利用いただけます。


配信先

iOSのプッシュ通知を送る際に設定します。
ProductionとDevelopmentを選ぶことができ、プッシュ通知を配信する対象アプリのビルド設定に応じて設定してください。


パッケージ名

Androidアプリを作成する際に設定する、アプリを識別するIDです。
Androidのストアを追加された場合、[itemstore管理画面] -> [ストア管理] -> [ストア設定]にてパッケージ名を設定してください。


非消費型

itemstoreで販売するアイテムの消費タイプです。
追加ステージやキャラクター開放等の、一度購入したら以降は購入できないアイテムはこちらの消費タイプをお選びください。
Google Play Developer Consoleでは「管理対象のアイテム」、iTunes Connectでは「非消耗型アイテム」が該当します。


非消耗型アイテム

iTunes Connectで設定できるアイテムタイプです。
itemstoreで非消費型のアイテムを扱う際にこちらのアイテムタイプを指定し、アイテムを登録してください。


プレミアム

itemstoreの機能を全て利用可能なプランです。
個人開発者の方は「個人向けプレミアム」、法人の方は「法人向けプレミアム」をご利用ください。
また、スマートフォンアプリ向けSSPの「アドフリくん」を利用しているアプリ開発者は基本料金が無料になる「adfurikun経由」のプランもご用意しております。
こちらをご利用いただく場合、まずは「アドフリくん」の管理画面内から指定Keyを発行した上でitemstoreをご利用ください。


メディアキー

ストア設定時に発行され、[itemstore管理画面] -> [ストア管理] -> [ストア設定]画面にて確認できます。
このメディアキーはitemstoreの機能を実装する際に必要になります。


ユーザーレコード

ストアを導入したアプリのユーザーになります。
ユーザーレコードの閲覧・編集可能数は各種プランにより上限数が設定されております。
上限数は[itemstore管理画面] -> [ストア管理] -> [データ管理]にて変更可能です。


ライセンスキー

Androidアプリでアプリ内アイテムを販売する場合に使用します。
Google Play Developer Consoleで発行することができますが、詳しくはチュートリアルの
[デベロッパーサイトでの設定] -> [Android] -> [itemstore課金機能に必要な実装] -> [Google Play Developer Consoleの設定]をご覧ください。


Android Studio

Androidアプリを開発できる統合開発環境です。
itemstoreのチュートリアルでは、Androidアプリの開発はAndroid Studioの使用を前提としたSDKの実装方法を記載しております。


Apple Developer

iOSアプリを公開する場合、Apple Developer Programに登録する必要があります。
Apple Developerでは、公開に必要な書類の作成等を行うことができます。
また、itemstoreでプッシュ通知を利用される場合はこちらでCertificateを作成します。
詳しくはチュートリアルの[デベロッパーサイトでの設定] -> [iOS] -> [プッシュ通知に必要な設定] -> [Apple Developerの設定]をご覧ください。


Apple ID

iTunes Connectでアプリを登録した際に発行される、アプリを識別するIDです。
iOSのストアを追加された場合、[itemstore管理画面] -> [ストア管理] -> [ストア設定]にてApple IDを設定してください。
アプリ申請前はダミーIDで構いませんが、アプリ申請後は必ず正しいIDで更新を行ってください。


Bundle ID

iOSアプリを作成する際に設定する、アプリを識別するIDです。
iOSのストアを追加された場合、[itemstore管理画面] -> [ストア管理] -> [ストア設定]にてBundle IDを設定してください。


Development Certificate

iOSアプリにプッシュ通知を送る場合に使用します。
配信対象が開発中のアプリの場合はこちらをご利用ください。
Apple Developerで発行することができますが、詳しくはチュートリアルの
[デベロッパーサイトでの設定] -> [iOS] -> [プッシュ通知に必要な設定] -> [Apple Developerの設定]をご覧ください。


Firebase Console

Androidアプリにプッシュ通知を送る場合に必要なAPIキーとプロジェクト番号を発行することができます。
詳しくはチュートリアルの[デベロッパーサイトでの設定] -> [Android] -> [プッシュ通知に必要な設定] -> [Firebase Consoleの設定]をご覧ください。


Google Play Developer Console

Androidアプリを公開する場合、Google Play Developerに登録する必要があります。
Google Play Developer Consoleでは、公開するアプリの登録や公開に必要な設定を行うことができます。
また、itemstoreで課金アイテムを販売する場合はこちらでアプリ内アイテムを登録します。
詳しくはチュートリアルの[デベロッパーサイトでの設定] -> [Android] -> [itemstore課金機能に必要な設定] -> [Google Play Developer Consoleの設定]をご覧ください。


itemstoreビュー

課金アイテムが並ぶビューです。
アプリ内で呼び出すことで表示され、ビューのデザインは[itemstore管理画面] -> [ストア管理] -> [ストアデザイン]でリアルタイムに変更可能です。
ビューの下部にはユーザーサポートに使用するお問合せキーが表示されます。


iTunes Connect

iOSアプリを公開する場合、Apple Developer Programに登録する必要があります。
iTunes Connectでは、公開するアプリの登録や公開に必要な設定を行うことができます。
また、itemstoreで課金アイテムを販売する場合はこちらでアプリ内アイテムを登録します。
詳しくはチュートリアルの[デベロッパーサイトでの設定] -> [iOS] -> [itemstore課金機能に必要な設定] -> [iTunes Connectの設定]をご覧ください。


Production Certificate

iOSアプリにプッシュ通知を送る場合に使用します。
配信対象がリリースアプリの場合はこちらをご利用ください。
Apple Developerで発行することができますが、詳しくはチュートリアルの
[デベロッパーサイトでの設定] -> [iOS] -> [プッシュ通知に必要な設定] -> [Apple Developerの設定]をご覧ください。


Unity

複数のプラットフォームに対応した開発が可能なゲームエンジンです。
Unityを使用して作成したAndroidアプリとiOSアプリにitemstoreの機能を組み込むことができます。


Xcode

iOSアプリを開発できる統合開発環境です。
itemstoreのチュートリアルでは、iOSアプリ開発はXcodeの使用を前提としたSDKの実装方法を記載しております。


今すぐ利用してみる

※プレミアムのお申込みには、まずトライアルのお申込みが必要です。
※プレミアムを初めてご利用の方のみ初月無料となります。