itemstoreitemstore

利用する

チュートリアル

プッシュ通知機能に必要な設定

Google Developers Console上に以前に作成したプロジェクトが存在する場合は、こちらの手順に従ってGoogle Cloud Messagingの設定を行ってください。


Firebase Consoleの設定

Androidアプリにプッシュ通知を送るためにはFirebase Consoleでプロジェクトを追加し各種設定を行った上で、「サーバーキー」および「送信者ID」を[itemstore管理画面]に設定する必要があります。

Firebase Console のアカウントを開設後、以下の手順で設定を行ってください。


プロジェクトの追加

Firebase Console上で、 [新規プロジェクトを追加] をクリックしてプロジェクト名を任意に設定し、プロジェクトを作成します。


アプリの登録と設定ファイルのダウンロード

Project Overviewで、[Android アプリに Firebase を追加]をクリックし、画面の指示に従って設定を行います。


「Android パッケージ名」を入力し、[アプリを登録]をクリックします。


「google-services.json」をダウンロードします。
※アプリにプッシュ通知機能を実装する際に使用します。


手順の3と4はここではスキップしていただいて構いません。


サーバーキー、送信者IDの設定

Firebase Consoleの設定ボタンをクリックし、[プロジェクトの設定] をクリックします。


[クラウドメッセージング] タブの「サーバーキー」と「送信者ID」を、itemstore上の[itemstore管理画面] -> [ストア管理] -> [Androidストア設定]画面にてそれぞれ設定してください。
※「サーバーキー」「以前のサーバーキー」は現在ではどちらでもご使用いただけますが、「サーバーキー」の使用を推奨いたします。


今すぐ利用してみる

※新規登録後はトライアルです。プレミアムのご利用は管理画面からお申込みください。
※プレミアムプランを初めてご利用の方のみ初月無料となります。