itemstoreitemstore

利用する

サーバーレスでアイテム管理
ただのアプリを課金アプリに
アイテムストアは、アプリ内課金(IAP)の実装・運用にかかる時間を大幅に削減してアプリの収益性を高めるサービスです。

  • トライアルプラン(無料登録)から利用してみよう!
  • メールアドレスが未入力です。
  • パスワードを8文字以上32文字以内で入力してください。
  • ※コードを保持されている方は、必ずご登録時にご入力ください。

    クーポンコードを8文字以上32文字以内で入力してください。
  • 今すぐ利用してみる
  • 利用規約はこちら

実装・運用で悩むのは時間がもったいない

課金に必要なものはアイテムストアが用意します
あなたはアプリの収益化に集中するだけ

サーバーを準備する必要なし
アイテムストアが用意するクラウドサーバーとSDKが「課金ショップ(ストア)UI※」「データ引き継ぎUI」「レシート検証」を提供します。面倒なサーバーサイドの構築の必要はありません。

運用に必要なものが揃っています
アイテムストアの管理画面を使って「課金アイテムの追加」「アイテム保持数管理」「売上管理」「課金失敗の問合せ対応」など、運用で面倒なことはアイテムストアで管理できます。

今すぐ利用してみる

※アイテムストアでは課金アイテムを購入できる課金ショップのUIをストアと呼称しています。

アイテムストアの活用方法

アプリ内課金のConsumable(消耗型) に関して、資金決済法の対策ができる!

  • ・ユーザーが購入した課金アイテム(仮想通貨)の未使用残高が把握できます。
  • ・お問合せキーでユーザーが購入した課金アイテムの購入日時などの情報を閲覧できます。
  • ・ユーザー毎に課金アイテムの所持数を編集できるので、購入失敗時のユーザーサポートが容易です。

アプリの事前審査をしなくても課金アイテムのセールがすぐできる!

  • ・管理画面で課金アイテムの追加・変更を行うとアプリの課金ショップに即反映されます。
  • ・課金アイテムをグループにして管理できるので、通常時とセール時のグループを差し替えるだけで
     期間限定セールを始めたり終了したりできます。

課金ユーザーにプッシュ通知をセグメント配信できるサービスはアイテムストアだけ!

  • ・課金アイテムの購入ユーザーだけにセグメントしてお得な情報をプッシュ通知できます。
  • ・非購入者だけに課金アイテムの購入促進をプッシュ通知できます。
  • ・課金アイテムの購入時期や、購入した課金アイテムでセグメントして配信することもできます。

1.残高管理・資金決済法対策!

アプリ内課金のConsumable(消耗型) に関して、資金決済法の対策ができる!

  • ・ユーザーが購入した課金アイテム(仮想通貨)の未使用残高が把握できます。
  • ・お問合せキーでユーザーが購入した課金アイテムの購入日時などの情報を閲覧できます。
  • ・ユーザー毎に課金アイテムの所持数を編集できるので、購入失敗時のユーザーサポートが容易です。

2.ストアデザインも自由!

アプリの事前審査をしなくても課金アイテムのセールがすぐできる!

  • ・管理画面で課金アイテムの追加・変更を行うとアプリの課金ショップに即反映されます。
  • ・課金アイテムをグループにして管理できるので、通常時とセール時のグループを差し替えるだけで期間限定セールを始めたり終了したりできます。

3.プッシュ配信で売上増!

課金ユーザーにプッシュ通知をセグメント配信できるサービスはアイテムストアだけ!

  • ・課金アイテムの購入ユーザーだけにセグメントしてお得な情報をプッシュ通知できます。
  • ・非購入者だけに課金アイテムの購入促進をプッシュ通知できます。
  • ・課金アイテムの購入時期や、購入した課金アイテムでセグメントして配信することもできます。

主な機能

今すぐ利用してみる

導入ステップ

アイテムストアでは、OS・言語にあわせたチュートリアルを用意しています。実装で不明な点は、管理画面内の「お客様サポート」や「コンタクト」からお問合せいただくと、すぐに解決することもありますのでご活用ください。

今すぐ利用してみる
  • Step 1

    iTunes ConnectやGoogle Play Developer Consoleにアプリ内課金に必要な情報や課金アイテムを登録してください。

  • Step 2

    アイテムストアのSDKをダウンロードして、ご自身のアプリに実装してください。

  • Step 3

    管理画面で課金アイテム・ショップデザインを設定してください。
    AppStoreやGooglePlayにご自身のアプリを公開しましょう。

今すぐ利用してみる

プラットフォーム

現在アイテムストアが対応しているプラットフォームは以下になります。

iOS/Android/Unity

提携先

temstoreは株式会社ADFULLYと提携しています。スマートフォンアプリ向けSSPの「アドフリくん」を利用しているアプリ開発者は基本料金が無料になります。まずは「アドフリくん」の管理画面内から指定Keyを発行した上でitemstoreをご利用ください。

今すぐ利用してみる

アカデミーパックに関して

itemstoreを学生・教職員の方が個人でお使いになる場合、お得な学割価格が適用されるサービスパック(itemstore Apac)を現在準備しております。またitemstoreを授業で採用したい学校法人様との提携も進めておりますのでお待ちください。

*itemstoreアカデミーパック(itemstore Apac)に興味の学校法人様はお問合せください。

Information

2017年10月30日 Android SDKおよびUnity Pluginにて、データストア機能ならびにデータ引き継ぎ機能を追加いたしました。実装方法につきましてはチュートリアルをご確認ください。
2017年9月29日 itemstoreご紹介キャンペーンを実施いたします。管理画面にクーポンコードが発行されていますのでログインしてお確かめください。詳しくは管理画面内にてご確認ください。
2017年7月13日 データストア機能ならびにデータ引き継ぎ機能を追加いたしました。購入したアイテムやアプリ内のデータを他端末に引き継ぐことが可能となります。現在はiOSでのみご利用いただけます。AndroidならびにUnityに関しましては後日ご案内いたします。
2017年4月28日 AIチャットによるお客様サポート(β)を管理画面内にて公開いたしました。すべてのご質問にお答えすることはできませんがご質問を学習いたしますので是非ご利用ください。
2017年1月10日 2017年1月6日17:00頃から19:30頃までの間、メールサーバーに障害が発生し、一切メールを受け取れない状態になっておりました。現在では、正常に動作することを確認しております。障害が発生していた時刻にお問合せ等のメールを送られていた方は、大変ご面倒ではありますが再送いただけますと幸いです。皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。謹んでお詫び申し上げます。
2016年10月17日 Androidアプリのプッシュ通知をGCM(Google Developers Console)からFCM(Firebase)へ変更しました。itemstoreプッシュ通知機能をご利用いただく場合はFirebase Consoleで登録を行ってください。詳しくはチュートリアルをご覧ください。
2016年9月2日 Androidアプリへのプッシュ通知につきまして、Google Developers ConsoleのGCMがFCMへ移行するため現在では新規での利用ができなくなっており、APIキーおよびプロジェクト番号を作成することができません。以前に作成したプロジェクトのAPIキー、プロジェクト番号を用いてプッシュ通知を利用することは可能です。またFCMへの対応を予定しておりますが、リリース時期に関しましては後日ご案内いたします。
2016年7月13日 Unity Pluginで初期化コールバックを受け取れない状況が発生する不具合がありました。修正対応を行い、appc_plugin_1.1.2.unitypackageを公開いたしましたので、SDKダウンロードページよりダウンロードしてご利用ください。
2016年7月5日 プッシュ通知機能を追加いたしました。アイテム購入者や非購入へ定期的なプッシュ通知を配信することができ、今まで以上にアイテム課金での売上向上が可能となります。
2016年5月2日 ”appC cloud”が”itemstore”に生まれ変わりました。